Monthly Archives: October 2007

Garnet Crow 新单曲「世界はまわると言うけれど」

用古典詞語來形容:「驚艷!」用流行的話說:「萌!」不過我想說的重點不在于這張封面如何。 對于我來說,無論是男歌手女歌手還是樂隊樂團,我基本上只收耐聽的單曲,一般不會整張整張專輯的收,所以文件夾里總是非常亂,雜七雜八的歌手很多,每人卻只有一兩首,然后大家全部混在一起和睦相處…… 不過,對我來說也有一個例外,那就是 Garnet Crow,自從他們出道直至今天的所有專輯,我都一張不漏一首不缺的收齊了,沒辦法,因為——這,就是我最喜歡的樂隊。 Advertisements

Rate this:

Posted in 無関別々 | Leave a comment

1.44ドルで三冊の小説を買いました

ハッハッハ、先ずこの題名はちょっと人目を引く為に態と目立ちっぷりをしていることを認めます。但し、1.44ドルしかVISAで支払わなかったのは事実です。勿論、他にもう一枚25ドルのギフトカードをVISAと一緒に使用した訳なのですから。それにそのギフトカードとは、偶然で会社のある活動に、無料で頂いたものです。一応自分の財布から出した金ではありませんでしたから、どうやら俺は題名に嘘をついていませんだろう。 「Interpreter of Maladies」この小説は俺の一番読みたい本の並びに入ったのは、凡そ三年振りだろう。最初に読んでいたのは俺の大学の頃のことでした。その時、俺はある英語執筆と言う課程を出席していて、担任のアメリカの先生からその本の最終の一編の短編小説を読ませて頂きました。とても素晴らしい作品でした。後はピュリッツァー文学賞の2000年受賞作品と言う事実を知っていた時は、ちっとも驚きませんでした。そしてその頃からずっと全書を読んでみたいですが、国内で買えなくて仕方なかった。 「Shanghai Baby」と言う本は中国語版なら昔読むことがありますけれども、確か何時が読んでいたのは、それにその本の中には何を書いていたのは、すっかり忘れてしまいました。その後のある日、偶然にSMTH BBSのEnglish Club掲示板でその本の英語版の第一章を一気に読みました。まさかそんないい雰囲気で、原著を遥かに超えていたんだに違いないと思われました。その日から全書の英語版を大変探しましたんだ、けれども中国版の原著は政府に禁書とされていました上に、英語版はますます国内で入手不可能と決まっていました。(因みに、この英語版の第一章はAmazonで無料で読むことが出来ますよ。) 「The Hours」正直に言ったら前にこの本は全然知りませんでした。同名の映画は見たことがありますけれども、別に深い印象なんか受けませんでした。そして買ったと言う理由は、何故ならばただその半額以下の4.99ドルの値段であることからです。上の二冊並びだけでは、注文の金額は25ドルにまだ及ばない限り、Amazonの無料配達サービスを貰えないのです。(因みに、この本もピュリッツァー文学賞の1999年受賞作品のことが判りました。一体どんな雰囲気の本だろう。ちょっと楽しみにさせられていますよね。) Bought Three Novels with 1.44 Dollars LOL. First, I must addmit that this title is some kind of "Bluffing to attract your eyes". Although I did just pay $1.44 with … Continue reading

Rate this:

Posted in 喋る囈言 | Leave a comment